みずたま日記
--.--.-- --*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
at --:--
2011.11.20 Sun*

no title
上司のこと考えると辛くて涙が出てくる
すべてが悲しい

彼の家族、友達、仕事
そういうものと関係のない日陰の自分
陳腐だなあ

死にたい

こんなに辛くなるなんて


なんなのこの無駄な辛さ
自業自得だけど…


粗末に扱われたくない
優しくされたい
どうして叶わないの

周りがそうであるように
私ももう私につきあいきれないよ
呆れてるしうんざりしてる
私にはだれもいない
自分すら私を見捨ててる
スポンサーサイト
2011.11.06 Sun*

no title
許せないはずはないと思う
今までだって色々な人をすべての人たちを許してきたし
それによってまたなにかを失うにしても
結局は許すしかないんだから…

だけど前よりも取り返しがつかない事態が近くなってる、どんどん…


孤独だ!
2011.11.06 Sun*

no title
私はある意味では救われたいと思っていた、でもそうじゃない部分もあった
2011.11.06 Sun*

セクハラ上司のことが結局好きになり結局やってしまいました
長いこと緊張状態に置かれるとだめです。脅威になるとだめです
そして弱ってるところを見せられたらだめでした
抗えなかったし正直に言ってそのときは嬉しかった
相手は本当はたいして弱ってなんかいないしすぐに回復するってわかってるけど
でもやっぱり嫌だったけど嬉しくもあった
誰かに求められる以上の喜びはないんだよ
それがどんな形でも?
悲しいし悔しいけど今はよく分かりません

同じACの人と「お互いに相手の話を非難しない」という約束の下に会話したので
そのことを話したところ、、、
思いっきり非難されました
正論で叩きのめされた
「過去を見つめてないんじゃない?だから繰り返すんだよ」「同じことしてどうするの?」

「でも好きになってしまって…」と弱弱しく言ったら
「好きになっても、やめればいいこと」

それができたらとっくにそうしてるよ!

あーなんかあらためて、、、
傷ついたー(;ω;)

言わなきゃよかった

これを教訓にもううかつに喋らない!
自分がバカなのは知ってます。今更それを指摘されたくないです
でもそうするともう誰にも何も話せなくなるという私の生活っていったい、、、、

苦しいのでここに書きます
誰にも迷惑かけてないよ!自分で自分を苦しめてるだけだよ!
私を責めないで!!
2011.09.26 Mon*

no title
アゴタ・クリストフとアレナスの文学は性格が全然違うけどほとんど同質だとおもう
亡命者の文学

ここではないどこかへ生き延びて、一度も落ち着けず、なにも持てず、休めるときがなく、はじめから奪われている

私がマルタへ行きたい気持ちも亡命だ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。