みずたま日記
--.--.-- --*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
at --:--
2010.01.23 Sat*


いま応募を検討してる長期の仕事
・倉庫
・事務
・塾講師(個別)


仕事はさ
仕事はいいんだよ。やりますよ出来る限り何でも。身体動かして疲れるのも嫌いじゃない。
でも人とのやりとりがさ
もう本当に疲れるじゃない。もう誰にも何も言われたくないじゃない。

選択肢の中で一番孤独度高いのは倉庫なんだけど
仕事単調すぎて雑念湧いて鬱になりがちなのがなあ

新しいカウンセラーはちょいちょい自分話入れてくる。
バブル世代にもかかわらず30までフリーターやってたそうです。
そーですか。。。



沖縄でひたすら糸織る仕事とかしたい
深沢七郎みたいな半農生活したい



とりあえず明日は倉庫で労働
おべんとは今日の残りの小松菜のグラタンとリンゴ
お弁当重要だよね。
スポンサーサイト
2010.01.20 Wed*



これから一生、こんなことの繰り返しだ。自分から避けた相手を、常に追い求めるのだ。あなたの拒んだものこそ、あなたの望んでいるものなのだ。私にはよく分かっている。見習い僧たちがあなたを迎えるために裸で近寄ってきたとき、あなたの胸のなかで何かが「パアッ」とはじけ、何千何万もの小さなきらめきとなって飛び散った。あなたは彼らのところに駈け寄り、自分も裸になって、その輪の中に飛び込みたい衝動に駆られた。私にはよく分かっている。しかしあなたは頑固で、しかも利口だ。自分の欲求に対して暴君のように振る舞う。だからあなたは逃げ出したのだ。悪は快楽に浸ろうとした一瞬にではなく、その一瞬のあとに訪れる快楽への隷属、永続的な隷従のなかにこそ潜んでいることを、あなたはよく心得ているのだ。飽くことなき追及、いったん見出したものへの癒されぬ渇き……。あなたはその場からではなく、自分から逃げだしたのだ。「助かった」「助かった」とあなたは胸の内で繰り返した。あなたは初めて救われた、ということは未来永劫、救われたのだ。

レイナルド・アレナス「めくるめく世界」




明日も底辺労働
搾取されてきますよ
2010.01.08 Fri*

とにかく文章が書けなくなってしまったので地域の学習センターのエッセイ講座というのに申し込もうとしたら定員割れだった
申し込み開始日の昼に電話したのに
暇な老人が殺到してるのかな

文章が書けなくなったというより生活全般で文脈をつくれなくなった
あれをして。これをして
一個一個がつながらない
思考するということがますますできなくなってる
感じることもだんだんできなくなるのかね
そのほうがとにかく生きていくにはいいんだろうか

昨日母親に会いに行って
思ったより気分が荒れて久しぶりに死にたくなった
去年は思えばここ10年で一番「死にたくならなかった年」かも
いいことも別に特になかったけどね
たまに泣くとカタルシス?が得られてスッキリするな
あと最近しょっちゅうイライラするようになったんだけど
年齢的なものですか

今年と来年は東洋占星術的によくない年で
就職とか引っ越しとかしても失敗するんだって
再来年わたし29なんですけど。笑っちゃう
いまだに青春が諦められない
どうしたら諦められるんだろう
諦められてない大人を馬鹿にしてきたのに、、


全部すっ飛ばして「死ぬ」に行くのは結局
文章力がないんだよ
センスがない
あと忍耐力


あーーーイライラする
もうみんな黙って
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。