みずたま日記
--.--.-- --*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
at --:--
2011.01.16 Sun*

親友と電話で話せた
親友は本格的に壊れてしまったみたいで
「壊れてしまった」なんてひどい言い方だけど
本当にそう感じてしまった
話し方が片言の外国人で
笑い方は幼稚園児みたいだった
声は明るかった それが異様で不気味だった

私が「だめな友達でごめん。最近の○○を知らなかった。」と泣いたら

「ちがうよ・ほんとうのわたし・みずたまちゃん・知ってます
うそのじぶんもいるけど・ほんとうのわたし」

「そうだよね。私もそう思ってるよ」

「あのときの・あのときの・あのときの・みずたまちゃんの気持ち
わかります・心の壁が流れて・今は・わかります・うれしい・ありがとう」

何それ宇宙からの声?と言ったら笑ってくれた彼女は以前の彼女のようだった
でもやっぱり最後に「おやすみなさーい」という声は幼児みたいだった

もう1週間もたつのに同棲している彼氏が病院へ連れて行ってないことに憤りを感じた
早く連れてって下さいと言ったら約束してくれたけど
「とにかく落ち着いてから」「今はストレスの無い状態にしてる」「全部吐き出させてる」
っておまえ精神科医かよ
私はこの彼のことを何も知らないから信用できない
だいたいなんであんなに大変で一度は辞めたコンパニオンの仕事をまたやってたんだ
あんな幼児退行・言語障害みたいなことがおこるなんて脳外科的に何か問題があるんじゃないだろうか
「発狂」という言葉も浮かんで涙が出た
彼女は彼女だけど彼女じゃない
壊れてしまった

切なくて悲しい
胸が ぽっかり

彼女は「元に戻るのか不安」と言う

私も 不安


スポンサーサイト
2011.01.09 Sun*

具合が悪い
鬱が重症なので久々に抗うつ剤を処方してもらう
蕁麻疹の薬も飲んでるから眠気が半端じゃない
午前中半分夢を見ながら仕事をしていた あんなことできるんだ

何カ月も連絡してなかった親友からHELP的なメール
「どうしたの!?」と親身に対応

電話で泣いていた
分裂症みたいな症状が突然起こってパニックになったらしい
家族のこととかマリッジブルーとか色々あるみたい
あるみたいっていうか
私は彼女のことを高校の時から見ていて
多分誰よりもわかってあげられるはずの
あげるべき人間で

なのにとても冷たい自分が悲しい
表面上は優しいことを言うけど
本当は嫉妬している

彼女も一人で苦しんでいるのだと思うとほっとしてしまう

私も一人で苦しんでいる

結局重くて暗い気持ちになる


夫婦同然の恋人がいるのに一人で業と戦って苦しむのはきっと辛いんだろう

でも私なんか
ずっと一人だ

誰ともまともに付き合えたことがない

遠くから崇拝することしかできない

好かれると相手を憎む


抗うつ剤の副作用なのか吐き気がする

さっきまで分かったようなことをたくさん言って友達を慰めてた

あったかくして栄養のあるもの食べるんだよ

ただでさえ頑張りすぎるんだから頑張らないくらいでちょうどいいよ

スパに行って自分を癒すといいよ

考えることは眠ってる間の脳にまかせて 何も考えずに眠ってしまうといいよ



私も誰かに言われたい
甘やかされたい

孤独で死にそう
2011.01.07 Fri*

no title
久々の会社
いい天気でみんないい人
気遣ってくれる

私も仕事もできる

死にたい

昼でやっと一人の時間

泣きそうだ
安定剤がまだきかないなあ
破裂しそうだ
2011.01.06 Thu*

この人生にケリをつけたい が今年の抱負!!!!!

明日から会社
昨日からもうずっと死刑執行を待つような心持で、心が死ぬ、心を殺す準備をしている
そういう無駄なことに人生の殆どの時間を使ってきたと思う
今日は明日の恐怖の先取り
明日は明後日の先取り

このまま怯え狂いながら自分をなんとか保っていってその先に
報われることはあるのかな

薬を飲んで蕁麻疹を抑えて頭をぼーっとさせて
体を動かすだけ
なんのために?

もうそろそろいいんだと思いたい

死ぬってどういうことなのかな

図書館で見た屋久島の写真集が綺麗だった
屋久島で死にたいなー
富士の樹海でもいいけど…
苔が大好きだから苔に包まれて死ねたら寂しくない気がする


会社の人からメール
今日新年会だけでもこれない?とか
明日から大丈夫?とか
ありがたいね
ありがたいけど
自分のことだという実感がまるでなくて
私には戸惑いと恐怖でしかないです
良い人たちなのに
仕事も難しくも辛くもないのに
8カ月働いたけど…
ちなみに私の返信「ありがとう(´∀`)風邪も治ったし明日は行きます!新年会はやめておきます…楽しんで!」
誰だよこれ


放浪息子11巻 だんだん放浪息子もつまんなくなってきたなー
けどあんなちゃん羨ましい…妹みたいな彼氏って最高だな

透明君はおとといも昨日も今日も来れるか来れないかPENDINGで
っていうかいつもそんな感じで
しかも来るとしたら午前2時とかなんだけどいつも来れるか来れないかの連絡もよこさない
昨日は午前6時に「行けるかと思ったんですけど…」というメールが来ました なにその過去仮定法みたいな結果報告…
ていうかさ…もっと早く
しろよ 連絡を…(^p^)
なんかもうこの子 無いかな…
テンション下がってきた
私もう死にたいしさあ

死ぬ前にどこへ行こう
死ぬ前にサーカスを見たい
美味しいものを食べたい
お金のことを考えずにきれいな服を買いたい

死のうとすると出来ることがいっぱいあるんだなあ
2011.01.04 Tue*

最近気になる男の子に透明君というあだ名をつけた
何度会っても顔がよく思いだせないから
というか思いだそうとするとQ君の顔にすり替わってしまう
Q君のことは私の中でおとぎ話として凍結していて
思いだせるのはキラキラした映像だけで 感触や痛みはない

透明君のことは完全に記号として好きなのであって
私は彼の実存についてはほとんど何も知らないというか感じることができない
かなり丹念にフェラチオをしたけどペニスの形もよく思いだせない…
「きれいな、私の好きな形」と思った記憶はある
何をもってきれいというのか?よく考えると謎だけど

だいたいなんか肉感がない
痩せてるせいかなあ
匂いもないし。
少しだけあった枕の残り香もすぐ消えてしまって寂しかった
付き合うことになったら香水をつけてもらいたい

付き合うとか
とうとう考え出してしまって

さみしいんです私

透明君が私に抱きつきながら眠ってくれたことが
ここしばらくの人生の中で一番の至福だった

どうしてももう一度味わいたい
できれば定期的に何度もたくさん
そのために彼女というポジションになりたい
とか思ってしまうけど
セフレでもいいのかもしれない
むしろそのほうが

わかりません

透明君は中身も透明なので
「理解したいしされたい」みたいな欲望は全くないように見える
少なくとも私には
というか私に何の興味もないだけかも
興味持ってくれなくても勃起してくれればそれでいいんだけど
あと背中に抱きつかせてくれればそれで…


8日間も風邪をひいてて
父親も来て
いろいろつかれたせいか、脱力・倦怠・鬱、、、
何もする気が起きない
年賀状のお返しが書けない
大掃除もできないまま
新しいスーツを買いにとか
現実的なことに凄く抵抗があって出来ない

おやすみはあと3日
そしたら私はまた会社に行く
あの意味のわからない虚構の日々が始まる
心と体がバラバラになる

「だからさそれを乗り切るためには
透明君をときどき抱かせてもらって…」

と考える

たぶん間違ってる と思う
私は怪我の治療をしないで別のところをチクチク針で刺して痛みを拡散させて意識を紛らわせてるだけだ
怪我がなくなると自分が自分でなくなってしまうから怖いから
だけど治療ってどうすればいいんだろうか
怪我が治った自分はどうすればいいんだろうか
何をしなきゃいけないのか

ずっと透明君のことを考えていたい
彼はどんな料理が好きなのか
何をあげれば喜ぶのか
どういう風に触れば感じるのか

そういうことで頭をいっぱいにして
透明君の小さな言動に一喜一憂して
自分を忘れたい

自分を放棄したい
ボランティアでもやろうかな…私なんかに出来ないかな


倦怠感に抗いながらウェイパーベースで塩ちゃんこ鍋を作った おいしすぎて感動した
お雑煮もカンで作ったけど超おいしかったし
料理はいいな
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。