みずたま日記
--.--.-- --*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
at --:--
2011.03.10 Thu*

肩が痛すぎて首が動かない
鍼行ったけど鍼灸師もお手上げ状態
痛いなあしんどいなあ休みたいなー


透明君に会った
またQ君の記憶が鮮明になった
透明君の印象はモヤモヤのまま
でもそこにいて
やはり私は透明君を求めていて

私は透明君のことを何も見ていないし見えないけど
なに考えてんだかよく分からないこの子がいつも隣にいてくれたらいいのにと思う
「ずっと一緒にいる」っていう揺らがない前提のもとに
一緒に朝ご飯を食べたり私の作ったフレンチトーストを食べたり時々透明君がサンドイッチを作ってくれたり
そんなことがもし出来たら凄く嬉しいのになと思う
もし叶うなら私はなんでもするのに


でも叶わないんだよね。これも。今度も。
ふられたんだもんね。
前に寝たとき「また来てくれる?」と言ったらハイって言ってたけどあの言葉はまだ有効なのかどうか知りたい…今でも来てくれるんだろうか。ふられたからもうだめかな。
知りたかったけどこの間はエロ方向に誘う元気がなかった。肩コリ酷いし。
一緒にご飯食べるだけで満足してしまった。
楽しかった。
一緒にいるだけでわくわくして楽しい。
別れる時間になると寂しかった。
どうしてなのかな。
彼は私のこと何もわかってもくれてないし優しくもないのに。
私も彼のことを何も知らないのに。


ひどい話
どうしていつも私は好きなのに向こうは私のこと好きじゃないんだろう
悲しい


Q君のこと
失ったつもりでいたけど
そしてこれからも失い続けるんだと思っていたけど
私はQ君を得てさえいなかったんだよね
なにも失くしたものなんかなくて
いつも欲しいものは得られなかったんだと気づいた


あまりにも切実に根源的に求めているものが得られないと
その事実に耐えられないから
あんなものは端から求めていなかった、と自分と他人に証明するために
正反対ものを求める
死に物狂いで

それが手に入っても結局
本当に欲しいものとは正反対だから
こんなもの! ってヒステリーを起こす
「こんなもの」を憎んでそれを求めた自分も憎んで得られなかったものを憎む


角田光代の「八日目の蝉」を読んだ
池澤夏樹の解説がとんちんかんすぎてびっくりした…

あれはさ希和子はさ
本当に欲しかったものを手に入れたんだよ
失ったけど、奪われたけど、彼女はそれを盗んででも手に入れた
そしてまた奪われたけど、でもたしかに手にしたんだよ

私はそう思って泣きました。
ラストシーンは何度読んでも泣ける。
母と娘というのは私にとっても課題で呪いだけど、自分の子供のことをときどき考えるようになった。可能性としての…
いまならまだ産めるんだって思うと怖い。
女に生まれたのは怖いことだなと思う。


怖いし悲しいし
女やめたい。人間もやめたい。
多肉植物に生まれ変わってぷくぷくと幸せそうに水分を蓄えたいな
スポンサーサイト
2011.03.05 Sat*

「君にも恋人が出来て彼と寝るようになればいろいろと自然にわかるようになるさ」

「そういうのあまり好きじゃないのよ」「私はもっと……なんていうか、圧倒的なことが好きなの。圧倒的に犯されて、それを圧倒的に受け入れたいの。いろいろととか自然にじゃなくてね」

村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』





そうなんだよね。


抗えないほど理解できないほどの圧倒的なことに呑み尽されたい
自分がなくなるくらい。


昨日の夜
5年位前に呑み尽された相手のQ君の携帯番号にかけてみた
メアドは死んでたけど番号は生きていた
コールの途中で「ただいま電話に出ることができません」に切り替わった
本人が切り替えたのかなと思ったらドキドキした
同時性
つながった同じ空間に私とQくんはまだいる

でもそれは全然知らない人の番号にもうなってしまっているのかもしれない
携帯とかすぐ変えちゃいそうだし

そう思ったけど30分後にかけなおした
今度はすぐ留守番サービスになった

「みずたまです。忘れられちゃってるかもしれないけど。いまどうしてるかなと思ってかけました。」

メッセージを残した
ドキドキした


あるはずもないコールバックを
一縷の望みにして生きてた時期もあったな
こっちからのコールを切られたときには
心が割れた気がしたな


透明君にもメールをした
ふられてから一か月ぶり
なるべく何気なく響くような文面で食事に誘った

返事
来るのか来ないのか分からない
前回の私の「ふられたけどまた会いたい」に対する返事は
1週間経ってから「会うのは全然構わない」というものだった


もう面倒くさくなって返事こないかもね


透明君をやっぱり好きだと最近思った

それは日常や今までの関わってきた人達に最近疲れきってしまって
関わるのも考えるのも嫌で

私は透明君みたいな人といるときだけが
唯一自分の心を解放できるんだと
改めて思って……

透明君を想うと
Q君への気持ちもおもいだす

すごく惹かれてた、夢中だった
大好きだった……

でもまさかまた連絡を取ろうとするなんて
また「期待」をするなんて。

自分の馬鹿さまだ全然わかってなかった

弱いのに
さらに自分から自尊心を奪うような
こんな馬鹿なことして

なにかが返ってくるはずもないのに



でも毎日
どうでもいい会社の人たちの
どうでもいい平和(誰かを犠牲にして成り立っている)の一端を担うために
使っている無駄な労力に比べたら

ちょっとでも
自分の思うほうへ
自分のしたいこと

そうしないともう死んでしまいそう



最近落ち方がおかしい
午前中は元気だったのに午後になるとふっと力が抜けて鬱になったりする
頭も体も混乱している


私には支えが必要なのに

世の中にはこんなにカップルがあふれていてアホみたいに繁殖してるのに

私は誰ひとりまともに付き合えなかった

私が好きになった人は

私を好きになってくれなかったし私をほとんど見もしなかった(だから好きなんだけど…)


いま誰も私のことを考えていない


小さな家と庭が欲しいな
多肉植物をいっぱい育ててその中で埋もれるようにして暮らしたい
ホンノンボというベトナムの盆栽を今日知った
すごくやりたい

好きなものは たくさんある
人間は苦手


角田光代『八日目の蝉』を衝動買いした
文庫の帯にうつってる永作博美の老け方が怖い
顔のタイプが同じだから私もこういう風に老けてきてると思う


仕事を少し休みたい
有給取ろうかな
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。