みずたま日記
--.--.-- --*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
at --:--
2011.01.04 Tue*

最近気になる男の子に透明君というあだ名をつけた
何度会っても顔がよく思いだせないから
というか思いだそうとするとQ君の顔にすり替わってしまう
Q君のことは私の中でおとぎ話として凍結していて
思いだせるのはキラキラした映像だけで 感触や痛みはない

透明君のことは完全に記号として好きなのであって
私は彼の実存についてはほとんど何も知らないというか感じることができない
かなり丹念にフェラチオをしたけどペニスの形もよく思いだせない…
「きれいな、私の好きな形」と思った記憶はある
何をもってきれいというのか?よく考えると謎だけど

だいたいなんか肉感がない
痩せてるせいかなあ
匂いもないし。
少しだけあった枕の残り香もすぐ消えてしまって寂しかった
付き合うことになったら香水をつけてもらいたい

付き合うとか
とうとう考え出してしまって

さみしいんです私

透明君が私に抱きつきながら眠ってくれたことが
ここしばらくの人生の中で一番の至福だった

どうしてももう一度味わいたい
できれば定期的に何度もたくさん
そのために彼女というポジションになりたい
とか思ってしまうけど
セフレでもいいのかもしれない
むしろそのほうが

わかりません

透明君は中身も透明なので
「理解したいしされたい」みたいな欲望は全くないように見える
少なくとも私には
というか私に何の興味もないだけかも
興味持ってくれなくても勃起してくれればそれでいいんだけど
あと背中に抱きつかせてくれればそれで…


8日間も風邪をひいてて
父親も来て
いろいろつかれたせいか、脱力・倦怠・鬱、、、
何もする気が起きない
年賀状のお返しが書けない
大掃除もできないまま
新しいスーツを買いにとか
現実的なことに凄く抵抗があって出来ない

おやすみはあと3日
そしたら私はまた会社に行く
あの意味のわからない虚構の日々が始まる
心と体がバラバラになる

「だからさそれを乗り切るためには
透明君をときどき抱かせてもらって…」

と考える

たぶん間違ってる と思う
私は怪我の治療をしないで別のところをチクチク針で刺して痛みを拡散させて意識を紛らわせてるだけだ
怪我がなくなると自分が自分でなくなってしまうから怖いから
だけど治療ってどうすればいいんだろうか
怪我が治った自分はどうすればいいんだろうか
何をしなきゃいけないのか

ずっと透明君のことを考えていたい
彼はどんな料理が好きなのか
何をあげれば喜ぶのか
どういう風に触れば感じるのか

そういうことで頭をいっぱいにして
透明君の小さな言動に一喜一憂して
自分を忘れたい

自分を放棄したい
ボランティアでもやろうかな…私なんかに出来ないかな


倦怠感に抗いながらウェイパーベースで塩ちゃんこ鍋を作った おいしすぎて感動した
お雑煮もカンで作ったけど超おいしかったし
料理はいいな

  管理者にだけ公開する


trackback url
http://dot2.blog54.fc2.com/tb.php/380-f473d111
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。