みずたま日記
--.--.-- --*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
at --:--
2011.03.05 Sat*

「君にも恋人が出来て彼と寝るようになればいろいろと自然にわかるようになるさ」

「そういうのあまり好きじゃないのよ」「私はもっと……なんていうか、圧倒的なことが好きなの。圧倒的に犯されて、それを圧倒的に受け入れたいの。いろいろととか自然にじゃなくてね」

村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』





そうなんだよね。


抗えないほど理解できないほどの圧倒的なことに呑み尽されたい
自分がなくなるくらい。


昨日の夜
5年位前に呑み尽された相手のQ君の携帯番号にかけてみた
メアドは死んでたけど番号は生きていた
コールの途中で「ただいま電話に出ることができません」に切り替わった
本人が切り替えたのかなと思ったらドキドキした
同時性
つながった同じ空間に私とQくんはまだいる

でもそれは全然知らない人の番号にもうなってしまっているのかもしれない
携帯とかすぐ変えちゃいそうだし

そう思ったけど30分後にかけなおした
今度はすぐ留守番サービスになった

「みずたまです。忘れられちゃってるかもしれないけど。いまどうしてるかなと思ってかけました。」

メッセージを残した
ドキドキした


あるはずもないコールバックを
一縷の望みにして生きてた時期もあったな
こっちからのコールを切られたときには
心が割れた気がしたな


透明君にもメールをした
ふられてから一か月ぶり
なるべく何気なく響くような文面で食事に誘った

返事
来るのか来ないのか分からない
前回の私の「ふられたけどまた会いたい」に対する返事は
1週間経ってから「会うのは全然構わない」というものだった


もう面倒くさくなって返事こないかもね


透明君をやっぱり好きだと最近思った

それは日常や今までの関わってきた人達に最近疲れきってしまって
関わるのも考えるのも嫌で

私は透明君みたいな人といるときだけが
唯一自分の心を解放できるんだと
改めて思って……

透明君を想うと
Q君への気持ちもおもいだす

すごく惹かれてた、夢中だった
大好きだった……

でもまさかまた連絡を取ろうとするなんて
また「期待」をするなんて。

自分の馬鹿さまだ全然わかってなかった

弱いのに
さらに自分から自尊心を奪うような
こんな馬鹿なことして

なにかが返ってくるはずもないのに



でも毎日
どうでもいい会社の人たちの
どうでもいい平和(誰かを犠牲にして成り立っている)の一端を担うために
使っている無駄な労力に比べたら

ちょっとでも
自分の思うほうへ
自分のしたいこと

そうしないともう死んでしまいそう



最近落ち方がおかしい
午前中は元気だったのに午後になるとふっと力が抜けて鬱になったりする
頭も体も混乱している


私には支えが必要なのに

世の中にはこんなにカップルがあふれていてアホみたいに繁殖してるのに

私は誰ひとりまともに付き合えなかった

私が好きになった人は

私を好きになってくれなかったし私をほとんど見もしなかった(だから好きなんだけど…)


いま誰も私のことを考えていない


小さな家と庭が欲しいな
多肉植物をいっぱい育ててその中で埋もれるようにして暮らしたい
ホンノンボというベトナムの盆栽を今日知った
すごくやりたい

好きなものは たくさんある
人間は苦手


角田光代『八日目の蝉』を衝動買いした
文庫の帯にうつってる永作博美の老け方が怖い
顔のタイプが同じだから私もこういう風に老けてきてると思う


仕事を少し休みたい
有給取ろうかな

  管理者にだけ公開する


trackback url
http://dot2.blog54.fc2.com/tb.php/391-3aafc997
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。